ポロシャツ

オリジナルポロシャツと素材

服の素材は重要です。着心地から染料のシミなど、素材が違えば何もかもが異なることも珍しくありません。そしてそれは、オリジナルポロシャツに関しても同じことが言えるでしょう。素材によって、オリジナルポロシャツはイマイチ使い勝手の悪いシャツになりかねないのです。
特に注意したいのが、ポリエステルを素材として使用しているポロシャツです。この素材はポロシャツとしては高い人気を誇りますが、インクジェットプリントに弱い特徴があります。そのため、オリジナルポロシャツのデザインに悪影響を及ぼしますし、汚れになりやすいデメリットがどうしても強いのです。
もしもオリジナルポロシャツを制作するなら、綿で作られたポロシャツにデザインしましょう。この素材を使用したポロシャツはインクジェットプリントにも強く、オリジナルポロシャツのデザインとしてはピッタリです。染料が邪魔もしないため、その点でも魅力的でしょう。オリジナルポロシャツを一着用意したいのなら、この素材から一着制作してはいかがでしょうか。素材は後から変更できないため、事前にしっかりと確認しておかなければなりません。特に、ポロシャツではポリエステルが一般的であるからこそ、注意が必要です。

RECENT ARTICLE

肩幅ピッタリのタイトなポロシャツ

ポロシャツを選ぶ時には、肩幅ピッタリでタイトなものを選びます。胸筋や肩幅のシルエットがはっきりと分かるものであれば、お洒落に見せる事が出来ます。サイズ感を考えずにゆったりとしたサイズを選んでしま…

オリジナルポロシャツと著作権

今オリジナルポロシャツが注目を集めていますが、無秩序な状態で制作していいわけではありません。何らかの制限がかけられていることもあり、その一つが著作権です。著作権は様々な場面で影響していきますが、…

オリジナルポロシャツと素材

服の素材は重要です。着心地から染料のシミなど、素材が違えば何もかもが異なることも珍しくありません。そしてそれは、オリジナルポロシャツに関しても同じことが言えるでしょう。素材によって、オリジナルポ…

生地の種類について

ポロシャツで思い浮かぶ生地には、鹿の子ポロシャツです。特徴は糸は凸凹になっていて、網目状にしてある生地です。着こなしはジーンズに合わせたり等普段着にも合うが、ゴルフウェア等のスポーティな場面でも…

ARTICLE LIST

2017年08月23日
生地の種類についてを更新しました。
2017年08月23日
オリジナルポロシャツと素材を更新しました。
2017年08月23日
オリジナルポロシャツと著作権を更新しました。
2017年08月23日
肩幅ピッタリのタイトなポロシャツを更新しました。
TOP