ポロシャツ

オリジナルポロシャツと著作権

今オリジナルポロシャツが注目を集めていますが、無秩序な状態で制作していいわけではありません。何らかの制限がかけられていることもあり、その一つが著作権です。著作権は様々な場面で影響していきますが、オリジナルポロシャツにもその余波は届いているのです。
たとえば、何らかのキャラクターだったり、ブランドロゴだったりは著作権で保護されているため使えないケースがほとんどです。自分のお気に入りのアニメキャラクターをプリントしたり、デザインすると著作権に触れる可能性が高いため注意しましょう。何らかの商業目的で制作しているのならなおさらです。
また、こうした著作権に抵触する可能性の高いデザインに関しては、業者側から断られることも多々あるため、もしも断られたら著作権に抵触しない新しいデザインを考えましょう。著作権はイマイチよくわからないかもしれませんが、あとで色々と言われるよりははるかにマシであるはずです。
オリジナルポロシャツと著作権は、意外とトラブルが発生しやすい組み合わせでもあります。気が付いたら著作権に抵触していた、とならないように、自分がこれから制作するオリジナルポロシャツのデザインに関しては注意しましょう。

RECENT ARTICLE

肩幅ピッタリのタイトなポロシャツ

ポロシャツを選ぶ時には、肩幅ピッタリでタイトなものを選びます。胸筋や肩幅のシルエットがはっきりと分かるものであれば、お洒落に見せる事が出来ます。サイズ感を考えずにゆったりとしたサイズを選んでしま…

オリジナルポロシャツと著作権

今オリジナルポロシャツが注目を集めていますが、無秩序な状態で制作していいわけではありません。何らかの制限がかけられていることもあり、その一つが著作権です。著作権は様々な場面で影響していきますが、…

オリジナルポロシャツと素材

服の素材は重要です。着心地から染料のシミなど、素材が違えば何もかもが異なることも珍しくありません。そしてそれは、オリジナルポロシャツに関しても同じことが言えるでしょう。素材によって、オリジナルポ…

生地の種類について

ポロシャツで思い浮かぶ生地には、鹿の子ポロシャツです。特徴は糸は凸凹になっていて、網目状にしてある生地です。着こなしはジーンズに合わせたり等普段着にも合うが、ゴルフウェア等のスポーティな場面でも…

ARTICLE LIST

2017年08月23日
生地の種類についてを更新しました。
2017年08月23日
オリジナルポロシャツと素材を更新しました。
2017年08月23日
オリジナルポロシャツと著作権を更新しました。
2017年08月23日
肩幅ピッタリのタイトなポロシャツを更新しました。
TOP