ポロシャツ

肩幅ピッタリのタイトなポロシャツ

ポロシャツを選ぶ時には、肩幅ピッタリでタイトなものを選びます。胸筋や肩幅のシルエットがはっきりと分かるものであれば、お洒落に見せる事が出来ます。サイズ感を考えずにゆったりとしたサイズを選んでしまう事があるが、身体に密着していないとシルエットが崩れてださい印象になってしまいます。普段の服のサイズから選んでしまわずに、必ず試着をしてから買うようにすると失敗する事がなくなります。色選びでは赤や青等の派手な色を選ばない事で、お洒落の上級者であれば問題ないが初心者が選んでしまうと合わせるのが難しくなってしまいます。お勧めな色は黒か白かグレーで、モノトーンの柄を選びます。この色ならどんな色でも合わせやすいので、着こなしがしやすいです。
しかしモノトーンのポロシャツでも、無地のものはお勧めにならないです。地味になり過ぎるので、お洒落に着こなす事が出来なくなります。プリントやラインが入っているもの等、デザイン性に富んでいるものを選びます。ポロシャツを着る人が細すぎると、品祖な印象になってしまいます。筋トレを行って上半身を太くするのが1番であるが、筋トレは面倒で時間がかかります。この時は上から一枚重ね着アイテムで羽織ると、上半身の細さをカバー出来ます。

RECENT ARTICLE

肩幅ピッタリのタイトなポロシャツ

ポロシャツを選ぶ時には、肩幅ピッタリでタイトなものを選びます。胸筋や肩幅のシルエットがはっきりと分かるものであれば、お洒落に見せる事が出来ます。サイズ感を考えずにゆったりとしたサイズを選んでしま…

オリジナルポロシャツと著作権

今オリジナルポロシャツが注目を集めていますが、無秩序な状態で制作していいわけではありません。何らかの制限がかけられていることもあり、その一つが著作権です。著作権は様々な場面で影響していきますが、…

オリジナルポロシャツと素材

服の素材は重要です。着心地から染料のシミなど、素材が違えば何もかもが異なることも珍しくありません。そしてそれは、オリジナルポロシャツに関しても同じことが言えるでしょう。素材によって、オリジナルポ…

生地の種類について

ポロシャツで思い浮かぶ生地には、鹿の子ポロシャツです。特徴は糸は凸凹になっていて、網目状にしてある生地です。着こなしはジーンズに合わせたり等普段着にも合うが、ゴルフウェア等のスポーティな場面でも…

ARTICLE LIST

2017年08月23日
生地の種類についてを更新しました。
2017年08月23日
オリジナルポロシャツと素材を更新しました。
2017年08月23日
オリジナルポロシャツと著作権を更新しました。
2017年08月23日
肩幅ピッタリのタイトなポロシャツを更新しました。
TOP